時間管理について

自分の人生の仮設を立てる

今年は○○するぞ!!

とみなさん目標設定をすると思います。

私も毎年やっていることが

「宝地図」または。
「未来アルバム」「ドリームマップ」

とも様々な言い方をしますが

必ず、見直しをしています。

自分がこうなりたい。
こうしたい!という写真をぺたぺた
張っていくだけです。

これが、すごいのが。
5年ぐらいかけてじんわりと叶ってきます。

昔のわたしは、
自分の計画した
目標が達成できない
部分にフォーカスしてしまって
あ~~~っ!もう!また出来てない!!

と、そんな自分に嫌気がさした
時期がありました。

ある時気が付いたのが
仮説を立てることが大事。

「目標設定」より「ストーリー設定」ともいいます。
ストーリー設定をしたら、
そのストーリーに対して
シミュレーションを行います。

このストーリー
設定に成功したために、
震災の年に、
過去最高収益を上げた有名な
企業があります。

その企業とは
「東京ディズニーリゾート」です。
東京ディズニーリゾートでは
年間に180日の避難訓練を
実施しているそうです。

ほぼ、二日に一回はパークのどこかで、
開演前や終演後に
避難訓練をしています!

そのときの設定が
「2月午後6時にディズニーリゾートに10万人いる
状態で震度6の地震が発生」
としています。

2月の6時といえば、
一年のうちもっとも寒い時期にあたり、
これからさらに気温が下がる時間です。

10万人というのはディズニーリゾートの定員いっぱいで、
これ以上は入場制限がかかるために入場できません。
震度6というのは阪神淡路大震災を参考に、
起こりえる最大の震度を想定しています。

そして実際に起きた東日本大震災は、
3月11日午後2時45分TDRのある
舞浜地区の震度は5強
パークの中には7万人の人がいたそうです。
結果として7万人のお客様を
一人のけが人も出すことなく、
全員帰宅の途に着けました。

ディズニーリゾートでは
最悪を想定していただけではなく、
お客様が最高の笑顔に
なるように接客をしています。

つまり、最高の状態と最悪の
状態を両方とも想定しているのです。

目標はあくまでも
「お客様の最大の笑顔」
これに対して、最高の方法と
最悪の状況を回避する両方を設定。

これが現在では、
目標設定よりストーリー設定が効果的だ
という根拠なのです

これが「目標設定」ではなく、
「ストーリー設定」です。

私が、海外投資に目をむけはじめた理由も
最悪の想定と最高の想定からはじましました。
円安ばんざい!!
インフレばんざい!

円高ばんざい!
デフレばんざい!

両方で喜び、
さらにストレスがない
仕組みを追及するのが
「ストーリー設定」だと思っています。

ぜひ、みなさんもストーリー設定を
やってみてください。

時間管理おすすめ書籍

サブコンテンツ

人気ランキング


お手伝いスタッフ募集

様々な勉強会で、お手伝いをして頂ける。やる気のある方を募集しています!様々な勉強会を何度も繰り返し聞けるチャンスかも!?応募はコチラ からお願いします!(現在募集は閉めきっています)

このページの先頭へ